EPSグループ

EPファーマラインの薬剤師向け求人・転職情報サイト
Powered by EPファーマライン

DIへの転職を考えている薬剤師のイメージ写真

「こんな職場で働きたい」が
たくさんあります。

  • プライベートを充実させたい。
  • 結婚してもずっと続けたい。
  • くすりの専門知識をもっと学びたい。
  • 立ち仕事よりデスクワークがいい。

募集要項(1

概要 【採用職種】
メディカルコミュニケーター(池袋本社)

【職務内容】
当社が運営を受託する大手製薬企業の「くすり相談室」のコミュニケーターとして、医薬品に関するさまざまな質問に、電話で情報提供を行ないます。
具体的には、
  • 電話(もしくはEメールもあり)による問合せ対応業務
  • 問合せ内容、回答内容等を記録し、PCに入力する業務が主な職務となります。
電話の相手は医師、病院・調剤薬局勤務の薬剤師等の医療従事者、卸・特約店、MRが中心です。
【業務内容】
  • 残業はほとんどありません。
  • デスクワークのお仕事です。
応募資格 【必須条件】
・薬剤師資格

※新卒・第二新卒の方・ブランクのある薬剤師の方も、入社後研修を受けることでメディカルコミュニケーターとしてご活躍いただいています。

【必要な知識・経験】
DI業務未経験の薬剤師の方でも当社独自のカリキュラムによる研修(専門研修・コミュニケーションスキル研修など)を受講いただくことにより、メディカルコミュニケーターとしてご活躍いただけます。既に350名以上の薬剤師が、当社メディカルコールセンターおよび大手製薬企業の「くすり相談窓口」等で勤務しており、クライアント様の高い信頼を得ています。
勤務地 東京都豊島区池袋
【職場見学歓迎!】
すぐに転職が出来ない方、転職しようかお悩みの方、DIの仕事がどんなものか知りたい方、実際の職場をご覧頂ける「職場見学」を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
雇用形態 正社員
給与・諸手当 年俸制:390万円〜600万円
1/12を毎月支給
※経験やご経歴を考慮し当社規定により優遇します。

【昇給・賞与】
  • 昇給/年1回
  • 業績給/実績・成果等を評価し、6ヶ月ごとに見直し
【諸手当】
  • 通勤交通費支給
  • 住宅手当(世帯主の場合。社内規定あり)
休日・休暇
  • 年間休日120日以上 ※詳細は面接時にご説明します
  • 完全週休2日制(土・日・祝日)
  • 夏期休暇(3日)
  • 年末年始休暇
  • 慶弔休暇
  • 育児・介護休暇
  • 有給休暇 ※初年度10日。(6ヶ月以上継続勤務の場合)
福利厚生
  • 各種社会保険完備(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)
  • 退職金制度
  • 産休・育休制度
  • 事業所内保育園「メディママ保育園

募集要項(2

概要 【採用職種】
メディカルコミュニケーター(都内大手製薬企業)

【職務内容】
大手製薬企業(外資)の「くすり相談室」のコミュニケーターとして、医薬品に関するさまざまな質問に、電話で情報提供を行ないます。 具体的には、
  • 電話(もしくはEメールもあり)による問合せ対応業務
  • 問合せ内容、回答内容等を記録し、PCに入力する業務が主な職務となります。
電話の相手は医師、病院・調剤薬局勤務の薬剤師等の医療従事者、卸・特約店、MRが中心です。
【業務内容】
  • 残業はほとんどありません。
  • デスクワークのお仕事です。
応募資格 【必須条件】
・薬剤師資格

※新卒・第二新卒の方・ブランクのある薬剤師の方も、入社後研修を受けることでメディカルコミュニケーターとしてご活躍いただいています。

【必要な知識・経験】
DI業務未経験の薬剤師の方でも当社独自のカリキュラムによる研修(専門研修・コミュニケーションスキル研修など)を受講いただくことにより、メディカルコミュニケーターとしてご活躍いただけます。既に350名以上の薬剤師が、当社メディカルコールセンターおよび大手製薬企業の「くすり相談窓口」等で勤務しており、クライアント様の高い信頼を得ています。
勤務地 東京都新宿区
当社のクライアント様オフィス内での就業となります。
【職場見学歓迎!】
すぐに転職が出来ない方、転職しようかお悩みの方、DIの仕事がどんなものか知りたい方、実際の職場をご覧頂ける「職場見学」を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
雇用形態 正社員
給与・諸手当 年俸制:390万円〜600万円
1/12を毎月支給
※経験やご経歴を考慮し当社規定により優遇します。

【昇給・賞与】
  • 昇給/年1回
  • 業績給/実績・成果等を評価し、6ヶ月ごとに見直し
【諸手当】
  • 通勤交通費支給
  • 住宅手当(世帯主の場合。社内規定あり)
休日・休暇
  • 年間休日120日以上 ※詳細は面接時にご説明します
  • 完全週休2日制(土・日・祝日)
  • 夏期休暇(3日)
  • 年末年始休暇
  • 慶弔休暇
  • 育児・介護休暇
  • 有給休暇 ※初年度10日。(6ヶ月以上継続勤務の場合)
福利厚生
  • 各種社会保険完備(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)
  • 退職金制度
  • 産休・育休制度
  • 事業所内保育園「メディママ保育園

先輩の声

実際に働いている先輩にインタビューしてみました。

  • メディカルコールセンター
    (某外資系製薬会社プロジェクト)
    薬剤師 2011年1月入社
    有坂誠司

    有坂誠司

    私は以前、調剤薬局で働いていました。幅広くお薬を扱っていましたが、一つひとつの製品に特化して勉強できる時間が確保できませんでした。

    もっと薬剤師として成長できる職場はないかと転職を決意しEPファーマラインに出会い入社しました。

    現在は池袋本社のコールセンターで、病院や薬剤師の先生方から主に医療用医薬品についてのお問い合わせに対応しています。

    基本的に循環器・ワクチン・アレルギー・糖尿病と広い範囲をやっています。

    また、FAQなどを作成したりすることにより知識の共有化を図れるようになり、新人さんでもスムーズに仕事入っていける環境です。

    勤務中に電話口で「ありがとうございます」とか「勉強になりました」とお客様に言っていただける時は嬉しくやりがいを感じます。

    薬局は忙しいので座って勉強する時間が取れなかったのですが、EPファーマラインでは電話をとっていないときに資料や文献を深く読み込めたりする時間をいただいています。

  • メディカルコールセンター
    (夜間・休日チーム)
    薬剤師 2014年4月入社
    堀令子

    二年間調剤薬局にいたんですけど、ひとりでまわすことが多い薬局だったので、だいたい薬局業務ができるようになって、もっと知識をつけて、それをどんどん出していきたいなと思っていました。

    ただ、もう一つ希望がありまして、薬剤師業務は続けたかったのですが、色々な人と関わってみたいというのがあり、そのような条件で転職先を探していた時にEPファーマラインだったら色々な職種の方がいるので、それも叶えられると考えました。

    現在は夜間・休日チームというちょっと特殊なところで働いていて、時間外受付なので一箇所のクライアントのお客さんからだけじゃなくて、10何箇所のクライアントのお客さんからの電話を受ける感じなので、臨機応変に幅広い知識を勉強しています。

    職場で、MRや看護師・栄養士など調剤薬局にいたら関われなかったような色々な職種の人と関われるのがいい刺激になってます。

    色々医療関係あると思いますが、直接電話で「ありがとう」と感謝の言葉ももらえるし、知識も増えるし、それをどう出していくのかも勉強になります。

    あと、残業がないのでプライベートが充実しています。

  • 準備中です

    近日公開予定

    Coming Soon

上司からのメッセージ

コールセンターのスーパーバイザーからメッセージをいただきました。

コールセンター

チーフスーパーバイザー(薬剤師)

現場を統括するチーフスーパーバイザーにどんな方がこの仕事に向いていて、どんな方が活躍しているのかを聞いてみました。

メディカルコミュニケーターに従事するにあたり、これまでの経歴が調剤薬局か病院かという差はないですね。常に患者様に対して「思いやり」を持てる方が向いている職場だと思います。

思いやりがあれば自然に言葉が出てきますし、ああしてあげよう、こうしてあげようという提案も出来ますが、気持ちがないと言葉も出てこないので気持ちから入って頂きたいと思います。

必要なスキルとしては、パソコンスキルがあった方が有利ですが、タッチタイピングが出来ない方でもご入社頂いているので必須ではないです。

配属先のプロジェクトによって、必要な製品情報などは担当部署がきちんと研修を行います。プラスここはコールセンターですので、話し方のスキル、話す順番、それから声の表情の付け方なども研修させて頂いてます。

社員にはコールセンター経験者もおりますが、EPファーマラインはメディカルに特化されたコールセンターですので、一般の消費者に対するトークではそぐえない場合も多いんです。一般消費者対応のように“強い調子で"とか、"明るい対応"をすればいいというものではないので、患者様が悲しそうだったら、悲しそうに「大変でしたね」と同調するような声も必要なんです。

そういった意味での「患者対応」。それから、困っている方等に対応するためメディカルに特化した対応スキルをコミュニケーション研修で研修します。

薬局などの現場にいると、お薬を渡すこと、患者様の情報を聞き取ること、病院と連携をとることに一生懸命になってしまうんですね。EPファーマラインでは、新薬を含む最先端の学術情報に触れ、電話やメールで的確な情報を提供することが業務ですので、向上心のある薬剤師にとっては特に嬉しいと思います。

添付文書の深い理由まで勉強出来るので、ドクターに質問されても応えられる。応えられないものはメーカーの担当者に振ろうと判断できるようになっていく。

薬剤師として成長が出来るので、やっぱり現場に戻りたいと思った時にはDI室でも対応できると思います。

一番大事なのは患者様に思いやりを持つこと。より詳しく、しっかりとした知識で患者様に対応しようと思っている薬剤師さんにご応募頂きたいと思います。

EPファーマラインで働くメリット

  • DIとして働く薬剤師のイメージ写真

    職場環境

    勤務先は駅のすぐそば&一級のビジネス街。
    狭い空間で大勢が立ち仕事をする環境とは別世界です!

    以前働いていた調剤薬局や病院内の薬局とはすべての面で違う…。これは、当社へ転職してきた薬剤師が共通して口にする感想です。勤務先は池袋駅すぐそばの本社コールセンターか、一級のビジネス街にオフィスを構える国内外の大手製薬会社のお客様相談室。大手企業の一員としての勤務なので、快適なオフィスで仕事に取り組むことができます。デスクワークで立ち仕事から解放されるため、身体への負担も大きく減ります。当社に委託している製薬会社は約60社を数え、都内各所、関西方面など勤務場所も様々で、勤務地の希望にも応えやすいのも特徴。さらに、東京・池袋には事業所内託児所「メディママ保育園」を設けるなど、家庭と仕事を両立して長く活躍し続けることができる環境も大きな魅力の一つです。

  • 職場の雰囲気

    チームメイトは、ほぼ全員が中途採用の薬剤師。
    支えあう、高めあう、笑いあう。明るく風通しの良い雰囲気です。

    談笑する3人のDIの女性社員

    医療に貢献するやりがい、働きやすい環境、会社の成長性と安定性が揃っているので、オンもオフも充実した時間を過ごせます。そのため、職場は明るく、風通しの良さも抜群。電話応対以外の時間が1日の半分ほどあります。その時間を、関連資料を調べたり、ほかの人の対応記録を読んだりといった自己学習に費やすことや、チームメンバーでの勉強会やグループディスカッションなどにあてているので、アカデミックな雰囲気にも包まれています。メディカルコミュニケーターは全員が薬剤師で、それぞれ違った職場での仕事経験を持つ中途採用者。そのため、チームに溶け込みやすく、日々のふれあいを通じ、それぞれが過去の職場で得たスキルや知識を習得できるメリットもあります。

  • 仕事で大切にしてる事

    人から人へと情報を正確に伝える
    アナログのスキルが生み出す付加価値です。

    DI業務についての打ち合わせをする薬剤師の女性社員

    私たちが提供しているのは、「薬剤師の高度な専門知識とコミュニケーションスキル」が生み出すアナログなサービス。人が情報を作りだし、人から人へとその情報を伝える私たちのサービスしか生み出しえない付加価値を大切にしています。薬剤師という専門家の価値と、今後の医療の発展に果たす役割の重要性を、どこよりも感じています。採用と教育に時間と経費をたっぷりかけるのはそのため。今後も、薬剤師の専門性をより引き出し、やりがいを感じて仕事に前向きに取り組めるよう、職場環境や待遇面の改善に努めていきます。

採用プロセス

エントリーから面接、採用まで

  1. このサイトからエントリー

    お気軽にお問い合わせください。
    エントリーはこちらから

  2. 書類選考

    できるだけ多くの方と面接の機会をもちたいと考えています。

  3. 適性検査

    所要時間約50分。主に採用後の配属にあたっての参考にします。
    面接の前にご自宅で行っていただきます。

  4. 面接

    人事責任者がお会いします。
    コールセンターも見学していただきます。

  5. 内定

面接の日に行うこと

  1. 面接

  2. 筆記試験

    簡単な医療・医薬の知識を問うものです。

  3. 職場見学

    実際にコールセンターをご覧いただきます。

採用FAQ

質問をクリックすると答えが表示されます。

入社後の教育・研修を教えてください
入社後はまずEPファーマラインのキャリア採用オリエンテーションを受けていただきます。
カリキュラムは会社概要、歴史、グループ会社の活動などです。その後、メディカルコミュニケーターとしての教育プログラムを受講していただきます。
また、配属される企業での研修も受講していただきます(企業側での研修受講内容や日数は企業により異なります)。
入社前に教育プログラムだけ受講できますか?
申し訳ございません。現在はご入社いただいた方のみを対象とした各々の業務や個人のスキルに基づいた教育プログラムとなっております。
今後はオープンセミナーで医療従事者のスキルアップなどを準備中です。
研修の仕組みを詳しく教えてください
EPファーマラインでは充実した研修プログラムを用意しており、専門知識の習得はもちろん、コミュニケーションスキルの充実を図っています。
  • 基礎研修
  • 専門研修
  • 業務研修
  • フォローアップ研修
  • リーダー研修
配属先での研修はあるのでしょうか?
配属される企業によりますが、入社前研修のほか、定期研修を実施される場合は参加可能です。
また業界の勉強会、セミナー等に参加していただくこともあります。最先端の医療、医薬情報にふれることにやりがいを感じているというスタッフも多いです。
残業はどれくらいありますか?
配属先にもよりますが、製薬企業でのDI業務、くすり相談室では多くは平日原則9時~18時となります。
DI業務は一般的にはコールセンターの受付終了(ログオフ)後はあまり残業が発生しないため、就業後の時間を自己啓発やプライベートの充実にあてることが可能です。
ただし、業務に慣れるまでは多少遅くなることもありますし、残業が多くなる季節やプロジェクトも存在はします。
雇用形態について教えてください
EPファーマラインでは従業員の方々に、長期・安定的に勤務していただくよう、正社員での採用が基本となっておりますが、一部、勤務地や勤務時間に制限のある方については契約社員での採用も行っています。
また、夜間・休日など空いた時間を有効に使いたい方のためのパートタイマーでの採用も実施しています。
DI業務とはどのような仕事なのでしょうか?
医療従事者だけでなく、患者様に対しても医薬品の適正な使用のために必要な情報を提供するニーズは日増しに高まっています。
また昨今は、医療用医薬品だけでなく一般用医薬品、特定保健用食品など様々な健康にかかわる薬品等が登場し、情報量が非常に増えてきました。
副作用情報や薬の相互作用など医薬品の適正使用のための正しい情報を、製造販売元である製薬企業の窓口となって提供する、それがDI業務です。
DI業務の具体的な仕事内容を教えてください
製薬企業では主に、医薬品に関するお問い合わせを目的としてコールセンターを開設しています。
主な問い合わせ元としては、調剤薬局薬剤師、医師、患者の方からとなります。すぐに回答できる内容に対してはFAQに沿った回答でお答えしていただきます。
ただし複雑な回答や参考文献や資料を抽出するなど時間を要する場合はご連絡先を伺った後、再度かけ直す場合もあります。
調剤薬剤師です。DI業務未経験でも大丈夫ですか?
全く問題ありません。当社では薬剤師の90%弱がDI業務未経験であり、また約60%が調剤薬局のみの経験者です。EPファーマラインに入社後、配属前に独自のメディカルコミュニケーター導入研修を受講していただきますので、業務未経験の方でも安心して就業していただけます。
DIはむしろ製薬企業の業務の中では、調剤薬局で培った現場感覚がもっとも活かせるものだといえるでしょう。
どのような企業に配属されますか?
担当するプロジェクトや企業にもよりますが、配属先の場所はプロジェクトによっては社内コールセンター(東京:池袋、大阪:四ツ橋本町)、あるいはクライアントである製薬企業のオフィスになります。
大手医療用医薬品企業がメインとなり、首都圏の通勤に便利な場所がほとんどです。
一般的に、職場はパーテーションで仕切られた機能的な空間になっています。
阪神地区でも同様に、勤務地(クライアント企業のオフィス)は大阪市内の通勤至便な場所が中心です。